アトピーが原因で寝不足の日の冷やし目覚まし法

アトピーが原因で寝不足の日の冷やし目覚まし法 アトピーがない人でも、よほどに目覚めのしっかりした人でなければ、もっと眠っていたい、もっと就寝していたい、という睡眠への欲求があります。
しかしそれが、さらにアトピーがある人の場合には、熟睡ができていないというパターンがとても大きいために、しっかりと眠ることが出来ないケースが大多数です。
このようなときには、さらに、普通のアトピーがない人よりも、眠っていないからもっと眠りたいという欲求が強くなるものです。
こんな時には、寝不足の日の目覚ましの方法としては、朝にシャワーなどを浴びると、とても気持ちがさっぱりとします。
よく、テレビなどでも紹介がされていますが、人の交感神経と副交感神経を刺激すると、その刺激された関係から、人間の場合には、しっかりとした気持ちになれますので、冷水などのシャワーでまずは、冷やしを行い、その後には、熱めのシャワーを浴びる、このように冷やしと熱め、を繰り返すことで、とても目が覚めることが可能です。

アトピーが原因で寝不足の日の深呼吸法

アトピーが原因で寝不足の日の深呼吸法 アトピーがかゆくて眠れないために寝不足になってしまう方は多く、アトピーと睡眠障害はワンセットに捉えられています。
しっかりと目覚めるためには、脳に酸素を送ることが重要なため深呼吸が必要です。
脳は酸素が不足しているときに眠気が襲ってきます。
それは脳内の酸素を材料にしてセロトニンという睡眠物質が作り出されるため、脳は酸素が不足する状態になると睡眠の準備ができたものと判断し眠気を感じさせるためです。
気持ちよく目覚めるための深呼吸は口で息を吸うのではなく鼻のみで行わなければなりません。
鼻で呼吸をすることで脳に酸素がいきわたり目覚められるようになるためです。
そして息を吐くときは3秒間くらい息を止めてからゆっくり口から吐くようにするのがいいです。
これも脳に酸素をいきわたらせるための方法です。
できればたってするのがいいですが、座って実践しても問題はありません。
とにかく大事なことは息を吐くときにゆっくりと時間をかけて吐くということです。