アトピーが原因で寝不足の日の為の食事のとり方

アトピーが原因で寝不足の日の為の食事のとり方 アトピーになると肌のバリア機能が低下することで、汗と一緒に体内のビタミンやミネラルも失われることになります。そうなるとホルモンバランスが崩れることになり、良質な睡眠ができなくなります。
そうなったときは、アトピーを治療すると同時に、良質な睡眠をとるための食事に注意していく必要があります。
睡眠前の食事は3時間前にとることで、睡眠時には胃袋を空にできますので、眠りやすくなります。
また食事にはマグロやホタテなどの魚介類を食べることで、睡眠ホルモンであるセロトニンや体を落ち着けるトリプトファンが体内に分泌されるため眠りやすくなります。
またアトピーの時は汗と一緒にビタミンが失われるため、ビタミンB1が不足しがちになります。このビタミンはイライラや不安を鎮めて神経を落ち着かせてくれる効果がありますので、安眠に役立ちます。
豚肉や大豆製品に含まれているので、食べてビタミンを補給しましょう。
さらに小魚や海藻にはカルシウムやミネラルが含まれており、体内の活性酸素を消すことができるのでアトピーの治りが早くなります。

アトピーが原因で寝不足の日の昼寝法

アトピーが原因で寝不足の日の昼寝法 アトピーが原因となってしまい、ついつい寝不足になってしまう、このようなことがあります。
特にアトピーが酷い場合には、ほとんど眠りにつくことができなかった、というくらいに酷いケースなどもあり、そのような場合には、日中にでもお昼寝をした方がよい、とされています。
なぜ昼寝が良いのか、という点についてですが、人間の場合には、食欲もそうですが、その他の2つの欲、睡眠欲と性欲なども人間の3大欲求と呼ばれているものであるため、これらがどれかでもきちんととれていないと、病気になりやすい、とされているためです。
昼寝方法としては、リラックス出来る音楽などを流し、さりげなくベッドに横たわり、寝具は香りがよく、ふかふかと清潔なものを使う、これだけでも大分、睡眠をしたくなるという気持ちになれます。
また、敢えて、難しい本を読んでみると、次第に眠りたくなる、というところが人によってはありますから、そのような本を読んでみても、良いかもしれません。